WiMAXのサービスエリアは…。

「WiMAX」と「ワイモバイル」と「格安sim」の3つをターゲットに、それらの良い点と悪い点を分かった上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキングの形でご紹介します。

WiMAXと言いますのはモバイルWiFiルーターであり、家の中は当然の事、戸外にいる時でもネットに繋げられ、何とひと月の通信量も無制限となっている、現在一番売れているWiFiルーターです。

Y!モバイルまたはNTTDoCoMoの場合ですと、3日間で1GBを超えることになると、一定の期間速度制限を受けることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)でしたら、そのような制限はみられません。

スマホで繋げているLTE回線とシステム的に違っている点は、スマホは本体自身がじかに電波を受信するのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターにより電波を受信するというところだと考えます。

このウェブサイトでは、「通信可能なエリアが広いモバイルルーターがいい!」とおっしゃる方に利用して頂く為に、通信会社各々の利用できるエリアの広さをランキング形式でご案内させていただいております。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを敢行しているプロバイダーが何社か見受けられますが、キャッシュバックは一切行なっていないプロバイダーも存在しますので、注意しておきましょう。

近い将来にWiMAXを買うというなら、何よりもギガ放題のWiMAX2+を選びましょう。通信速度が速いのは当然として、WiMAXのモバイル通信可能エリア内でも使用できるようになっていますので、非常に便利です。

ワイモバイルのポケットWiFiについては、WiMAXほど高速ではないですが、その周波数のお陰で電波が達し易く、建物の中にいても接続できないことがないということで人気です。

自分自身でWiMAXとワイモバイルという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月の料金などを比較してみましたが、上位機種限定の下り最大速度を除いたほぼ全部の項目で、WiMAXの方が優れていました。

ポケットWiFiと申しますのは、1ヶ月に利用できる通信量とか電波の種類が異なったりするので、どのような利用の仕方をするのかにより各々にマッチするモバイルWiFiルーターも異なってきます。

モバイルルーターのことを調べてみますと、よく目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。なんと40000円に迫ろうとするくらいの高額なキャッシュバックをしているところもあります。

「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが販売するモバイルWiFiルーターのことであり、正直申し上げて何所でもネット可能なモバイルWiFi全部を指すものじゃなかったわけです。

WiMAXのサービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に到達しています。東京都内23区はさることながら、全国の県庁所在地などにおきましては、全く不具合を感じることなくサービスが享受可能だとお考えいただいて構わないと断言できます。

キャッシュバックが実施される日時より前に「契約を解約する」ということになりますと、お金は全くもって受け取ることができなくなりますので、キャッシュバックについては、しっかりと気を付けておくことが必要不可欠です。

WiMAX2+のギガ放題プランにしたら、毎月7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBを越しますと、速度制限が掛かると考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です