自分自身でワイモバイルとWiMAXという2機種のモバイルWiFiルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみましたが…。

速度制限を設けていないのはWiMAXのみというイメージが強いですが、ワイモバイルにも通信方式を変更することによって、速度制限に引っ掛かることなく使用可能な「アドバンスモード」と称されるプランがあるのです。

自分自身でワイモバイルとWiMAXという2機種のモバイルWiFiルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種に関する下り最大速度以外のほぼすべての項目で、WiMAXの方が優れていることがはっきりしました。

WiMAXは事実料金が割安だと言えるのか?利用のメリットや注意点を整理し、高評価の格安SIM等とも比較した上で、「確かにお得なのか?」について説明いたします。

LTEと言いますのは、携帯電話とかスマホなどに採用されている今までにはなかった高速のモバイル通信規格です。3G回線と4G回線の間に位置する規格ということもあるので、WiMAXと共に3.9Gに分類されています。

オプション料金は掛かりますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速で著名なLTE通信が使用可能な機種も販売されているので、端的に言ってこのWiMAXの機種さえあれば、日本の様々な地域でモバイル通信ができると考えていいでしょう。

WiMAXモバイルルーターと称されているものは、WiMAXのモバイル通信網を有効活用して、タブレットないしはパソコンなどのWiFiを捉えることができる端末をネットに接続するための小さな通信機器です。

今現在の4Gというのは真の4Gの規格とは別物で、日本では今のところ公開されていないモバイル通信サービスということになります。その4Gの正式な公開までの繋ぎとして登場してきたのがLTEというわけです。

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、一番きちんと比較すべきだと思うのがプロバイダーです。プロバイダーそれぞれで、扱っているルーターであったり料金がまるで変わることが分かっているからです。

「速度制限が敢行されるのはなぜか?」と申しますと、ネットの回線に短時間の間に集中的な接続が為されると、そのエリアでパソコンを使用中の全ユーザーが、繋がりにくくなるとか速度が不安定になってしまうからです。

WiMAXについては、本元と言われるUQは当然の事、MVNOと称される会社が提供しています。言うまでもなく速さとか通信サービスエリアが変わってくるということは一切ないのですが、料金やサービスには開きがあります。

自分の家では、ネットに接続する際はWiMAXを使用しております。懸案の回線速度につきましても、全然ストレスに悩まされることのない速度です。

ソフトバンクのモバイル通信ブランドである「ポケットWiFi」に関しては、WiMAXほど高速ではないですが、その周波数が奏功して電波が到達し易く、ビルの中にいるときなどでも接続で困ることがないということで高評価されています。

ポケットWiFiという呼称はソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、概ね「3Gとか4G回線を介してモバイル通信をやる」際に欠かすことができないポケットにもしまえるようなWiFiルーター全部のことを意味すると言っていいでしょう。

モバイルルーターの購入に対し、キャッシュバックキャンペーンを展開しているプロバイダーも幾つか存在します。キャッシュバック分を相殺した料金を比較し、お安い順にランキングにしてみました。

モバイルWiFiを選択する際に1ヶ月の料金だけで決断すると、損することがほとんどですから、その料金に視線を向けながら、別途知っておかなければならない事柄について、事細かにご説明いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です